てるうさの野菜づくり

てるうさファームは、岸和田にあります。

近くにはトンボ池公園があり
なかなか自然豊かな場所ですが、
堺からは、結構離れています。

畑に行くのはまあまあ大変。
そこで日々、野菜と向き合っているのが、

主人の山地史高です。

みんな、『おっとー』と呼んでいます。

私は、結構だれとでも話せる特技がありますが、
おっとーは、誰とでも話せないという特技があります。

そう、慣れないとなかなか話せない。
お店に野菜をもって来るときに、
そーっと入ってきますのでびっくりしないでね。

そんなシャイなおっとーですが、
広い畑をひとりで管理し、
野菜には並々ならぬ愛情を注ぎこんで育てています。

『俺は、旨い野菜が食いたいんじゃー。』


いつもおっとーは、言っています。

てるうさファームのお野菜は、
農薬不使用、化学肥料不使用。
ものによっては、肥料も使っていない場合もあります

それには、理由があります。

農薬は、食べる人もやけど、使う人にも害があるねん。
そんなんつこて
自分が体、悪するのんはいややし。
人間、元気でないとおもろない。

ほんでな、虫もおらなあかんねん。
虫がおるから受粉してくれて実がなる。
いっぱいおったらたまらんけどな。(笑)

肥料は、野菜のおやつやな。
普段の栄養は土の中。
たまにあげると元気になる。

だから、
米ぬかを
必要最小限で使うんや。

キャベツ大きするためには
油かすもほんのちょっとは
使うけどな。

ほんなら、栄養足りて
野菜が大きくなる気がするからな
自分が安心するねん。(笑)

土の中の栄養は菌がつくる。
ええ菌がいっぱいやったら、
ええ土になるねん。

野菜も虫も人間も自然の中に生きてるからな。
人間も腸内環境がよかったら元気やねん。
それといっしょや。

と、おっとーはよく言っています。


なるほど~。
わかりやすい独特な切り口。
しか~し、

こんだけ言うてるけど、おっとーには
畑仕事で一番苦手なことがある。

それは、大きな声では言えませんが、

収穫。(なんでやねん。)

一番達成感味わえると思うねんけどな~。

とにかく、
『い~~~っ。』てなるらしい。

てるうさファームの野菜づくりは、毎日こんな感じでです。